点火系

【画像】エアコンメンテナンスイメージ

新型のポルシェにはない懸念事項、エアコンのトラブルが多い空冷ポルシェ!
水冷でも968や928は、エアコンが効かなくなるトラブルが発生します。 毎年、エアコンガスを継ぎ足して乗るユーザー様もいらっしゃいますが、環境問題やエアコンガス代を考えると、思い切って修理されることをお勧めします。 エアコン修理は高価なパーツが多い為、高額修理となりますので、日之出モータースではパーツを大量仕入れすることにより、できる限りリーズナブルに修理ができるよう心がけております。
快適な最新の車とは異なり、エアコンに問題をかかえている空冷ポルシェが多いのは事実! 実際に修理代はいくらぐらいになるのか・・・? 点検してみなければ明確な修理代は出せないものの、生産から10年以上経た各パーツは寿命を迎えていることが多いのも確かで、高額な修理代となるケースが多いのが実状です。 修理方法は多岐にわたりますので、点検させていただいて、対策を相談させていただきます。

エアコン故障の症状と原因、対策の一例です。

修理方法は多岐にわたりますので、相談いただき、対策を決定していきます。

AC故障の症状と原因、対策
症状 原因対策(最終的には実車確認が必要)
時折冷気が出なくなり、送風や温風に変わる。 アコンコントロールユニットもしくは冷風温風の切り換えフラップの故障。いずれも交換の必要があります。
エアコンガスチャージができない。 配管の詰まりやコンプレッサー、クラッチプーリーの故障。
配管の詰まりの場合は、エキスパンションバルブやリキットタンクの交換、 コンプレッサーの場合はリビルト交換、マグネットクラッチは交換が必要です。
エアコンガスを入れてもすぐに効かなくなる。 ガス漏れが原因の場合が多く、その箇所を捜して、修理していくしかありません。まずは目視にて点検できる箇所を全て点検し、問題がなければ、エバポレーターの交換になります。
ガスは入っているのに、冷えが悪い。 コンデンサーブロアの不動によってガス圧が上がりすぎたり、温度センサーの不良によってエバポレーターが凍結したり、 配管やエキスパンションバルブ、リキットタンクが詰まっている可能性があります。
いずれにしても点検して原因を特定しなければなりません。

エバポレーターとエキスパンションバルブ交換(964)

964と993のエアコン修理ですが、生産から10年以上経つとほぼ全てのパーツが対象となります。 ガスを入れてもすぐに効かなくなるのは、エバポレーターとエキスパンションバルブの寿命が原因の場合が多いです。 エバポレーター交換はガソリンタンクを外す必要があるため、時間と手間がかかる作業です。 またエバポレーターは10万円以上もする高価なパーツである上に、交換費用もかなりの高額となります。
日之出モータースでは、高価なエバポレーターやエキスパンションバルブを大量仕入れにてお安く提供できるようにしています。参考までにエバポレーターとエキスパンションバルブの交換作業をご紹介させていただきます。

【画像】ガソリンを抜く 【画像】周辺パース 【画像】ガソリンタンク
ガソリンタンクの脱着ご必要ですので、まずはガソリンを抜きます。 内装やフューエルライン及び周辺パーツも外していきます。 配管を外すと、エキスパンションバルブが見えます。
【画像】エキスパンションバルブ 【画像】助手席側周辺 【画像】エアコンハウジングを外す
外したガソリンタンクです。 内装、ガソリンタンク、エバポレーターハウジングを外した状態です。 エバポレーターハウジングを分解し、点検掃除、エバポレーターを取り出します。
【画像】エアコンハウジング一式 【画像】エバポレーター  
エバポレーターですが、新品と比べるとあまりにも違いが・・・ 新しいエバポレーターとエキスパンションバルブをハウジングに装着し、元通りに組み上げて完了です。  
エアコンの構造 911 '74〜89y
【画像】エアコン構造図

国産とほぼ同じ構造ですが、配管の長さと素材(ラバー)が、ポルシェACの弱点です。964までは同じような構造です。

エアコンの構成パーツ 故障レベル
【画像】コンプレッサー

@コンプレッサー

コンプレッサーはガスを圧縮する重要なパ−ツです。
ポルシェの場合、多くは日本電装の製品が使用されており、その性能や耐久性には定評が有ります。 主な故障としては、軸受け部分のシ−ルやボディ接合部からのガス漏れがありますが、これはリビルト修理が可能です。
その他の故障では、異物の噛み込み、オイル切れによる焼き付き等がありますが、こうなるとリビルト修理は不可能になりますので、交換が必要となります。

(低)
リビルト可能
【画像】マグネットクラッチ

Aマグネットクラッチプーリー

マグネットクラッチプーリーは、ガス圧が高くなるとクラッチが切れて、それ以上コンプレッサーの圧力を上げなくするための物です。
コンプレッサーが何らかの理由により、焼き付きロックを起こしてしまうと、マグネットクラッチが無理やり回されてしまうため、焼き付いてしまうことがあります。 また経年劣化によって、ガタが出ることもあります。 いずれにしても、そうなると修理不可能ですので交換が必要になります。

(低)
【画像】コンデンサー

Bコンデンサー

コンプレッサーで圧縮されたガスを冷却し、ガス圧を一定に保つための重要なパーツです。コンデンサーの冷却機能はエアコンの効きを大きく左右します。
964以降のモデルには大型電動フアンが装備され、冷却効率が大幅にアップしました。
930系の効きが悪い原因の一つは、このコンデンサーの容量不足にあります。もちろんコンデンサーも劣化によってガス漏れしますので、その場合は交換が必要となります。

(中)
一部
リビルト可能
【画像】コンプレッサー

Eリキッドタンク

リキットタンクは、名の通りコンデンサーで冷却されたガスを液化させるパーツです。中にはフィルターや吸湿剤が入っており、循環中のガスからゴミや水分をろ過吸湿します。リキッドタンクとエキスパンションバルブの間には圧力スイッチが有り、ガス圧が低い場合や高い場合はシステムを守る為に、コンプレッサーを停止する役目をします。

(低)
【画像】コンプレッサー

Dエキスパンションバルブ

エキスパンションバルブは、エバポレーターの入り口に付いているパーツです。リキッドタンクで液化されたガスが、エキスパンションバルブで開放され、冷気を発生させます。
このパーツはかなり圧力のかかる部分ですので、当然ガス漏れが多く見られます。 ガス漏れ点検は、まずはこのパーツから・・・

(高)
【画像】コンプレッサー

Cエバポレーター

エキスパンションバルブで気化されたガスは、エバポレーター内で大量の冷気を発生します。この冷気を発生したエバポレーターにブロアーファンで送風することによって、冷風を車内に送り込むことによってエアコンとしての機能が生まれます。
仕事を終えたガスは、再びコンプレッサーに戻るという循環経路をたどります。 エバポレーターからのガス漏れは、劣化のよるものがほとんどで、交換は大変手間のかかる作業となります。

(高)
リビルト可能